令和二年二之席・三日目

01.Nobori13.jpg



02.HP03Ueno.jpg



03.SuzumotoKanban13.jpg




令和二年1月13日(月)  最高13.7℃ 最低4.6℃ 人気ブログランキングへ



《旧暦12月19日》鈴本演芸場 → 末廣亭




椿事



★この二之席は初日から連続五日間の代演を引き受
けた。初日は池袋から新宿への時間つなぎに苦労を
した。二日目にネットカフェで調整する術を心得た
。今日は鈴本演芸場の15時30分の出番なので、鈴本
の高座を済まして、一旦帰宅してナッツとラテちゃ
んに餌を与えるように計画を立てた(喜)。



★鈴本演芸場へ楽屋入りしようと思ったら…、入口
で社長がニコニコ笑って愚生を待ち構えていた。変
だな?妙にニコニコしている。「小袁治さん、ちょ
っと手違いがありまして‥‥」と、入口の出演者の
看板を指さしていた。



★暫らくしてやっと、事態が飲み込めた。つまり代
演の時は出演者の札の下に愚生の名札が入る。代演
でなければ写真が掲示されているのだが、愚生の写
真が載っているΣ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~!



★楽屋に行くと本来であれば休む筈の一朝さんが座
っていた(笑)ヤツガレの顔を見るとバツの悪そうな
顔をして『兄(アニ)さん済みません』と言っている。



★昼間の仕事は寄席の出番に間に合わないと思って
休演を申し出ていたが、それをすっかり忘れて仕事
が早く済んだので楽屋入りしたら‥‥、前座さんが
不思議そうな顔をしたそうだ(笑)。何で休みの人が
来たのだ?ということだねヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



★お席亭の配慮で一朝&小袁治の両名は高座に上が
ることになりました。まず、めでたし、めでたし



04.SuehiroDeban13.jpg



05.HP03Shinjuku.jpg




★末廣亭は小三治師が出演しない影響か?夜の部は
二階席は明けていなかった。ま、仕方ないことであ
ります。明日は昼席に行かなくて済むので着物を入
れた鞄は楽屋に置いて行くことにした。



★帰ろうとしたら一朝さんが楽屋入りした。また会
ったよ(笑)。会話を交わして分かったことは一朝さ
んは鈴本演芸場→池袋演芸場→末廣亭と三軒の寄席
を務めているそうだ。三軒は疲れるだろう‥‥。



堀切菖蒲園:牛将の公式ホームページです♪


ドキドキ 東京ドームの23番ゲート横「いか金」へ来てねッ!




◆小袁治の出張落語のご案内◆ クリックをどうぞ!



柳家小袁治のホームページです是非ご覧下さい<CLICK


柳家小袁治の簡単スケジュール


◇お問い合わせ/気軽にどうぞ◇ 
ここからメールできますよ<クリック





お手数をかけます!

クリックのご協力をお願いいたします。


人気ブログランキングへCLICKをどうぞッ!



"令和二年二之席・三日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。