令和二年二之席・初日

01.IkebukuroTori.jpg



02.HP01ikebukuro.jpg



03.Monnosuke.jpg




令和二年1月11日(土)   最高10.5℃ 最低5.2℃ 人気ブログランキングへ



《旧暦12月17日》二之席♪初日から五日まで毎日代演です(汗)




末廣亭 六・二四



★東京の寄席は20日までがお正月興行であります。
元日から10日迄が初席(ハツセキ)で11日から20日迄
が二之席(ニノセキ)ということになっている。



★末廣亭の出番前に池袋演芸場の代演を依頼され楽
屋入りすると扇遊さんの代演だった。池袋演芸場は
代演者が出ると積極的に別プロを印刷してお客さま
へ配っている。嬉しい限りだ



★曲独楽の紋之助さんと自撮りして楽屋を後にした
。これから末廣亭へ向かいます。



Kakebure.jpg




★さて、われわれ噺家の出番の依頼書をご覧にいれ
ませう。愚生たちはこれを「カケブレ」といってい
る。出番時刻が6.24と記しているのは珍しいのだ。
いわゆる一人12分高座だということなんだね(喜)。



04.Suehiro1.jpg



05.Suehiro2.jpg



06.HP01sehiro.jpg



07.Nyankin.jpg




★池袋演芸場から末廣亭の高座までの時間つなぎに
苦労した。池袋と新宿は近いので何処でつなぐかが
課題だ。うっかり新宿へ出かけてしまった。大失敗
であるッ!喫茶店がお客さんで溢れているジャン!



★早めに末廣亭に楽屋入りして高座に上がった。
客席は満席であり当然ながら二階席もお客様が一杯
だった♪ちなみにこれは小三治師が出演するからだ
ろうという楽友の見解で、愚生もそう思った(笑)。



★高座を済まして、小三治師が来るのを待った。
池袋から新宿へ紋付を着たままの移動だったようで
、紋付の上に野袴を着用していた。これは愚生が紹
介した野袴で移動にはまことに便利なものだ。



★小三治師にご挨拶をして手拭を頂戴した。突然、
小三治師が前座の頃に今の小満んさんが見習いで初
席の楽屋に入って来たことを思い出して昔話をした
よ(笑)。当の小満んさんが覚えていないことを鮮明
に小三治師は覚えていた。つまり入りたての小満ん
兄(アニ)さんは何も分からない見習いだったので何も
させなかったという話だヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



★昭和37年の初席の思い出話とは吃驚仰天でありま
す。小満ん兄(アニ)さんは今年喜寿だよ、まさか見習
の頃の話が出るとは想定外でありました



堀切菖蒲園:牛将の公式ホームページです♪


ドキドキ 東京ドームの23番ゲート横「いか金」へ来てねッ!




◆小袁治の出張落語のご案内◆ クリックをどうぞ!



柳家小袁治のホームページです是非ご覧下さい<CLICK


柳家小袁治の簡単スケジュール


◇お問い合わせ/気軽にどうぞ◇ 
ここからメールできますよ<クリック





お手数をかけます!

クリックのご協力をお願いいたします。


人気ブログランキングへCLICKをどうぞッ!



この記事へのコメント